メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「安」に決まる 2位は「爆」、3位は「戦」

森清範貫主によって揮毫された今年の漢字「安」=京都市東山区の清水寺で2015年12月15日午後2時8分、小松雄介撮影

 日本漢字能力検定協会(京都市下京区)は15日、この1年の世相を漢字1字で表す「今年の漢字」に「安」が選ばれたと発表した。安倍晋三内閣のもとで安全保障関連法案の是非が議論されて国民の関心が集まったことや、世界で頻発するテロや異常気象で安全が脅かされ、人々を不安にさせたことなどが理由に挙げられた。

2005年以降の「今年の漢字」

 応募総数は12万9647票で、1位の「安」は5632票を集めた。2位は4929票の「爆」で、3位以下は「戦」「結」「五」が続いた。

 世界文化遺産の清水寺(京都市東山区)で森清範(せいはん)貫主(かんす)が縦1.5メートル、横1.3メートルの和紙に「安」の字を揮毫(きごう)した。森貫主は「不安ごとを払拭(ふっしょく)し、安心、安全な来年にしていきましょう」と話した。揮毫された書は、大みそかまで本堂で一般公開される。【礒野健一】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風10号 「私の判断ミス」高齢者施設常務理事
  2. 台風10号 「大変なことになった」9人死亡の岩手・岩泉
  3. 和歌山射殺 緊迫58時間、突然終結 容疑者自殺
  4. 築地市場 豊洲移転をめぐる歴代都知事の発言を振り返る
  5. 風知草 ほんものは誰だ?=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]