メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

三様「ロミオとジュリエット」 時代で変わる宿命

 東京では11月初旬から1カ月間に、バレエ「ロミオとジュリエット」が3バージョン、相次ぎ上演・上映された。敵同士の家に生まれた男女の幼い恋と死への疾走−−。単純だが劇的な筋立てと、プロコフィエフの荘重な音楽に触発され、名振付家の多くがこの作品を手掛けてきた。シェークスピアの作劇には改変の余地がなく、各演出の工夫は細部に施されている。今回はジュリエットの婚約者パリスの処遇に焦点を当ててみよう。

 3連発の先陣を切ったのは、TOHOシネマズ日本橋などのライブ・ビューイング。英ロイヤル・バレエの直…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1038文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌の飲食店付近で爆発 けが人10人以上か 札幌市
  2. 札幌飲食店付近で爆発 店「跡形もなく」 消防員近づかないよう呼びかけ
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 爆発 マンション駐車場で車大破 1人けが 大阪・東淀川
  5. 世界の雑記帳 火事から子豚救出のお礼、英農場主が消防隊にソーセージ贈る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです