メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

水産物、輸出拡大に期待 加盟国でサバ、サンマ消費増え

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)が発効すれば、水産物にかかっている輸入関税は海藻類を除いて撤廃される。安価な輸入水産物の影響で、国産の水産物の価格が下がる可能性がある。ベトナムなどTPP参加国の関税も撤廃されるため、日本からの輸出拡大も期待できそうだ。

 魚やイカなど魚介類の関税は全て撤廃される。関税率3・5%のクロマグロは6〜11年目に撤廃、加工用に使われるタラのすり身も4・2%の関税率が即時撤廃される。一方、消費量が多いアジやサバは現在10%の関税率を段階的に下げ、16年目にゼロにする。

 農林水産省が行ったTPPの影響評価によると、関税が段階的に撤廃されることやTPP参加国からの輸入が…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドイツ 首相、長官人事を再協議 支持率急落受け
  2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  3. 山梨 ミッキー、甲府に登場「開府500年」100日前
  4. 女子剣道 早大が15連覇 早慶対抗
  5. あの人に会った 関西ジャニーズJr. 西畑大吾さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです