メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

留学生

「入居不可」は差別 京大生協など、冊子のマーク削除

 京都大と同志社大、立命館大の生活協同組合は、学生向けに発行する賃貸マンションの紹介冊子の中で、物件ごとに留学生の入居の可否を示すマークの掲載をやめることを決めた。学生団体から「人種差別だ」との批判を受けるなどしていた。各生協は「差別の意図はないが、誤解を生まないようにしたい」としている。

 京大生協が毎年発行する冊子「京大生の住まい2015」には、家賃などに加えて留学生が居住可能な物件に「留」マークを付けていた。学生団体「反レイ…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 加計学園理事長が初会見 軽すぎる「作り話」の始末
  2. クローズアップ2018 加計氏、根拠なき強弁 「首相面会、記憶も記録もない」「虚偽、指示せず」
  3. 旧博物館動物園駅 幻の駅、21年ぶり公開 改修、保存へ 京成電鉄と東京芸大が協定 /東京
  4. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  5. 岡山・加計学園 獣医学部新設問題 加計氏、首相面会否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]