メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

留学生

「入居不可」は差別 京大生協など、冊子のマーク削除

 京都大と同志社大、立命館大の生活協同組合は、学生向けに発行する賃貸マンションの紹介冊子の中で、物件ごとに留学生の入居の可否を示すマークの掲載をやめることを決めた。学生団体から「人種差別だ」との批判を受けるなどしていた。各生協は「差別の意図はないが、誤解を生まないようにしたい」としている。

 京大生協が毎年発行する冊子「京大生の住まい2015」には、家賃などに加えて留学生が居住可能な物件に「留」マークを付けていた。学生団体「反レイ…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです