メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

認めない規定は合憲 最高裁初判断

 夫婦別姓を認めない民法の規定が違憲かどうかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は16日、夫婦別姓を認めない規定は「合憲」とする初判断を示し、原告側の上告を棄却した。

 訴訟を起こしたのは東京都内に住む事実婚の夫婦ら5人。「結婚に当たって多くの女性は改姓を強いられている」などと主張し、法改正を怠ったことを理由に計600万円の支払いを国に求めていた。1、2審で敗訴し、上告していた。【山本将克】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警 置き忘れかばんの顔写真、LINEに投稿される
  2. ピコ太郎 3月6日に武道館でライブ開催 「やることに意義ある」
  3. 日本将棋連盟 辞任発表の谷川会長のコメント全文
  4. トランプ氏 セクハラで提訴 ホスト務める番組に出演女性
  5. 八神製作所 元社員が三重大から6296万円詐取

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]