メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忘れ去られた改革~旧ソ連・ペレストロイカから30年~

旧ソ連・ペレストロイカから30年/1 帝国再興の砦 ロシア防衛戦の地、修復

「聖なる丘」に建てられたロシア正教の十字架の碑。土台の土砂はウクライナ東部ドネツクなどから集められた=露西部イズボルスクで、杉尾直哉撮影

 旧ソ連の構成国で現在は欧州連合(EU)に加盟するラトビアやエストニアとの国境から約30キロ。ロシア西部プスコフ州イズボルスクに高さ10メートルの黒いロシア正教会の十字架が建っている。土台は、国内各地のほか、ウクライナ南部クリミア半島や東部ドネツクなど、ロシア人が「スラブの土地」と認識する場所から集めた土砂で固められ、「聖なる丘」と呼ばれる。

 プーチン大統領を「ロシア帝国再興の体現者」と崇拝し、政権に近い著名な右派論客、アレクサンドル・プロ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プーチン大統領がまた遅刻 日露首脳会談
  2. 大坂が4強 伊達以来、日本勢25年ぶり 全豪テニス
  3. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  4. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  5. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです