メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界への助走

全国高校駅伝/中 地域ぐるみ「夢」育成

 2020年東京五輪へ、次世代のアスリートを支えたい−−。一つの試みが大阪で動き始めた。11月16日、大阪陸上競技協会は独自の強化事業「OSAKA2020夢プログラム」のスタートを発表し、松本正義会長=住友電工社長=は「個人では難しい育成をしていくことができる」と強調した。

 年間予算は5000万円で、企業の協賛金や個人の寄付でまかなう。大阪陸協の登録選手から日本選手権の順位などを参考にメンバーを選定し、国内外での合宿費といった強化費を補助する。1期生として指定されたのは、やり投げや長短距離などの23人。最大の目標は、東京五輪で大阪ゆかりのメダリストを誕生させることで、実施計画書は「インターハイ・インターカレッジの勝利を最大の目標とせず、常に世界との戦いを意識する」と明記している。

 今回の高校駅伝に出場する大阪薫英女学院1年の高松智美ムセンビは、最年少でメンバーに選ばれた。2学年…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文889文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです