メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外池袋で車衝突、10人けが 女性と子供が意識不明
新潟・柏崎刈羽原発

重大事故想定 放射性物質の飛来 みなかみに6時間後 3日で年間被ばく限度超え /群馬

 東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市・刈羽村)6号機で重大事故が起きた場合、放出から6時間後には南東に約70キロ離れたみなかみ町にも放射性物質が飛んでくるとのシミュレーション結果が公表された。最悪の想定では、北西の風に乗った放射性物質が標高約1800メートルの山を越えて県内に到達。3日間で年間被ばく限度1ミリシーベルトを超える。谷川岳は70キロ圏、沼田市役所も100キロ圏に位置しており、県内での議論の材料になりそうだ。【尾崎修二】

 シミュレーションは、新潟県が「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」で事故…

この記事は有料記事です。

残り858文字(全文1125文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. トランプ氏「これで私は終わりだ」 司法妨害の疑い言及 米ロシア疑惑報告書
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです