メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「奇跡といっても自然に起きるわけではない…

 「奇跡といっても自然に起きるわけではない。奇跡がなぜ起きるのか、プロセスを研究する必要がある。毎日奇跡が起こるわけではない。奇跡を金で買うこともできない。入念に準備をした上でしか奇跡は起きない」。男子サッカーの元日本代表監督、イビチャ・オシム氏の言葉である▲2011年のサッカー女子ワールドカップ(W杯)でなでしこジャパンが優勝した時、この言葉を心の中で反すうしたのを覚えている。東日本大震災に打ちのめされた日本人の心にまさに奇跡のような光をともしてくれたなでしこたち、その中心に澤穂希(さわほまれ)さんがいた▲「夢は見るものではなく叶(かな)えるもの」。澤さんが座右(ざゆう)の銘(めい)としてこう記したのは、このW杯制覇の3年前に出た本でのことである。当時30歳を迎えようとしていた澤さんは世界大会の優勝こそがその「夢」と明言していた▲「女のくせにサッカーなんて」と意地悪をした対戦相手に怒って追いかけまわした子ども時代。世界の強豪との対戦では2桁失点で負けていた日本代表入りのころ。女子チームが次々に廃部となっていった時代、単身渡米しての世界最高峰の米国リーグへの挑戦……▲それらすべてが「奇跡への入念な準備」だったというべきか。世界の頂点への扉をこじあけた11年W杯決勝の残り3分の劇的同点ゴールは、時代の記念碑となって人々の脳裏に刻まれた。その澤さんが現役引退するという▲「すべてやりきった最高のサッカー人生だった」。こう語った澤さんには「素晴らしい日本女子サッカーをどうもありがとう」と感謝を返したい。後進たちもすでに次の奇跡の準備を始めていよう。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
    2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
    3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
    4. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
    5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです