メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界への助走

全国高校駅伝/下 米国でスピードを学べ

練習を見守る国学院久我山の有坂監督(左端)

 2年連続で都大路に臨む国学院久我山(東京)の有坂好司監督(53)の元に今秋、昨年の全国大会で1区を走った岡田健(19)からメールが届いた。「日本と全然違います」

 岡田は卒業後、米カリフォルニア大バークリー校に入学。9月以降はトラックを全く使わずクロスカントリーコースなどでの練習が続くこと、毎週、専門のコーチに徹底的に筋力を鍛えられることなどが記されていた。全く異なる環境に飛び込んだ教え子の飛躍を願いながら、有坂監督は言う。「成功してもらえれば、こういう道もあるんだと示せる」

 有坂監督が選手の進路として米国を意識した最初のケースは打越雄允(ゆうすけ、21)だった。父は199…

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです