メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リニア新幹線

いよいよ18日に南アルプストンネル起工式

リニア中央新幹線の南アルプストンネル工事現場周辺=山梨県早川町で2015年12月15日午後2時37分、本社ヘリから

山梨県側工区 山梨・早川町で

 2027年の全線開通を目指すリニア中央新幹線の建設で最難関とされる南アルプストンネル(約25キロ)の山梨県側工区(約7.7キロ)起工式が18日、同県早川町である。本線初の本格的な工事開始となるが、残土処理や河川の流量減を巡って地元の懸念は消えていない。

 長野県側の坑口にあたる大鹿村。JR東海は昨年、トンネル掘削に伴って発生する残土を約300万立方メートルと試算し、運搬で村唯一の基幹道路・国道152号を1日最大1736台の大型車両が通行する計画を示した。

 住民らが反発し、JRは村内に残土の仮置き場を設置すれば1日1350台に減らせると提案したが、住民の…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文706文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  4. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  5. 東京都 私立高実質無償化でも自己負担47万円

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]