メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へのバトン

レジェンドインタビュー マラソン・君原健二さん

=矢頭智剛撮影

自分のペース大切 君原健二さん(74)

 かつて日本の「お家芸」とも呼ばれた男子マラソンで、1968年メキシコ五輪銀メダルを含み五輪3大会連続で1桁順位に入り、一時代を築いた君原健二さん(74)。大舞台で結果を残した要因や2020年東京五輪を目指す若者へのメッセージを聞いた。【小林悠太】

 −−74歳となった今もマラソンを走り続けていると聞きました。

 ◆12月13日に宮崎で1年8カ月ぶりにフルマラソンを走った。後半へばったが4時間32分28秒でゴー…

この記事は有料記事です。

残り1532文字(全文1756文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです