メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次代へのバトン

レジェンドインタビュー マラソン・君原健二さん

自分のペースで平常心を 君原健二さん(74)

 かつて日本の「お家芸」とも呼ばれた男子マラソンで、1968年メキシコ五輪銀メダルを含み五輪3大会連続で1桁順位に入り、一時代を築いた君原健二さん(74)。大舞台で結果を残した要因や2020年東京五輪を目指す若者へのメッセージを聞いた。【小林悠太】

 −−74歳となった今もマラソンを走り続けていると聞きました。

 ◆12月13日に宮崎で1年8カ月ぶりにフルマラソンを走った。後半へばったが4時間32分28秒でゴー…

この記事は有料記事です。

残り1533文字(全文1760文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです