メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

夢詩集 喜ばれる幸せ 元花組トップスター・蘭寿とむ

元花組トップスターの蘭寿とむ=久保玲撮影

 宝塚にいた18年間、目を閉じるといろいろな場面が浮かびます。中でも2011年にトップに就任し、初めて羽根を背負って大階段を下りた時の光景は鮮明に覚えています。それまで見上げることばかりで、初めての景色でしたが、とても温かい空間が広がっていました。

 その瞬間は感謝の気持ちしかありません。トップになることは自分一人の夢ではありません。応援してくれた方々に姿を見てもらえる喜びの方が大きかった。退団公演の千秋楽も、涙より、どれだけ自分が幸せか、最高の笑顔を見てほしいと思っていました。

 退団後は“自分”というものを考えるようになりました。自分自身をそのまま表現すれば良いのだと気づいて…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請
  5. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです