メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンクリ転倒死

離別23年、集中治療室で父と再会

亡くなった中山貢治さんの自宅から見つかったアルバムを見つめる美奈さん(左)と将太さん=大阪市内で2015年12月16日、大西岳彦撮影

 「パパ、もっと話したかった」。今年10月、大阪市住之江区の車道に置かれたコンクリートブロックにバイクが衝突した事件で、犠牲になった無職の中山貢治さん(51)の子3人が初めて毎日新聞の取材に応じた。家庭の事情で23年間、離ればなれだった父と子。中山さんの身の回りからは家族への思いが詰まったたくさんの遺品が見つかり、子らは「父ともう一度向き合う機会を奪われた」と悔しさをにじませた。

 「パパが大変な事故に遭ったらしい」。10月23日夕、次女の美奈さん(28)は長女の美月さん(30)…

この記事は有料記事です。

残り1146文字(全文1387文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故
  5. ルノーに亀裂 日産との関係悪化を懸念、ゴーンCEOに怒りも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです