メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞大村さん

中学時代の通学路「幸福の小径」命名

多くの人であふれる「幸福の小径」=山梨県韮崎市神山町鍋山で2015年12月20日午前11時3分、松本光樹撮影

 ノーベル医学生理学賞を受賞した大村智さん(80)が中学時代に歩いた山梨県韮崎市の通学路が「幸福の小径(こみち)」と命名され20日、記念式典が行われた。「研究が人類の幸福に貢献した」と市が名付けた。

 見晴らしがいい甘利沢川の土手を通る約1.8キロ。本人も参加した歩き初めに約1400人が詰めかけ、大村…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです