メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防府マラソン

34歳藤原新「タイム70点」復活の走り

防府読売マラソンで初優勝した藤原新=山口県の防府市陸上競技場で2015年12月20日、早田利信撮影

 第46回防府読売マラソンは20日、山口県の防府市陸上競技場を発着する42.195キロのコースであり、2012年ロンドン五輪代表の藤原新(ミキハウス)が2時間11分50秒で初優勝した。

          ◇

 来年2月の東京マラソンでリオデジャネイロ五輪代表を狙う藤原が、巧みなレース運びを見せ「これから調子を上げていくきっかけをつかめたかな」と復活の手応えを得た。

 30キロ付近で先頭集団は10人以上。「28キロ付近でフォームが固まった」と感じた藤原は32キロ過ぎ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです