メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奈良を訪れたザイナブさん=2015年12月6日撮影

 5年ぶりに日本に長期留学することになりました。8月に来日した時、「第二の故郷」に戻る喜びでいっぱいでしたが、不安が一つだけありました。それは、イスラムをかたる過激派組織「イスラム国」(IS)のせいで、イスラム教徒が外国で否定的な反応を受けていると聞いていたからです。

 今年初め、シリアで湯川遥菜さんと後藤健二さんがISに殺害されたというビデオが流されました。イスラム世界から離れて日本で暮らす人々が、事件のことをどういうふうに理解しているのか気になっていました。

 しかし、日本で暮らし始めると、不安な気持ちは気づかないうちに消えていました。ある日の帰宅途中、自転…

この記事は有料記事です。

残り1308文字(全文1590文字)

ザイナブ・アジジ

1987年、カイロ生まれ。アインシャムス大学(カイロ)で日本語を専攻。2007年に東京外国語大学に留学。これまでに大阪府や静岡県でホームステイの経験がある。11年2月に毎日新聞カイロ支局に入り、特派員の取材サポートなどを担当している。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです