メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

「公共秩序騒乱」人権派弁護士の刑猶予 世論に配慮、異例の判決

 【北京・石原聖】中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」への書き込みをめぐり公共秩序騒乱と民族の憎悪をあおった罪に問われた中国の人権派弁護士、浦志強氏の判決公判が22日開かれ、北京市第2中級人民法院(地裁)は懲役3年、執行猶予3年の判決を言い渡した。浦氏は上訴しない考えを示したという。

 中国では習近平指導部がインターネット上での言論規制を強化していることに対し、国内の改革派知識人や国際社会で懸念が広がっている。判決はこれらの世論を意識して量刑に配慮が加えられ、同様の事案と比べて異例の軽い判決になったとみられる。

 法院前には22日朝、支援者ら数十人が集まり「浦志強氏は悪くない」と訴えたが、警官らが外交官や海外メ…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  5. 建築確認の死角 レオパレス物件不良 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです