メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津軽双花

/98=葉室麟 中川学・画

七(12)

 信枚は微笑した。

「ほう、御方は寂しいのか」

「はい、ひととの出会いは心楽しく満ち足りた思いが、いたしますが、やがては別れねばなりません。ひとは別れに向かって日々を過ごしているのかと思えば、寂しさは尽きぬものかと思います」

 満天姫はうなずきつつ、信枚の杯に銚子(ちょうし)で酒を満たした。信枚は酒を口に含んだ後に言った。

「されど、別れとは、また出会うためのものではあるまいか」

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  3. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  4. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  5. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです