メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新春毎日書き初め展 幼・小・中・高・一般、作品を募集 /広島

 第49回新春毎日書き初め展を次の要領で開催します。芸南地方で最大の規模と伝統を誇る書き初め展です。多数の応募をお待ちしています。

     【出品】「毛筆の部」と「硬筆の部」。両部とも幼年、小中学生、高校生、一般が対象。

     【課題】「毛筆の部」は新春にふさわしい語句であれば課題、書体とも自由。

     「硬筆の部」の課題は次の通り。書体、行数、字の位置とも自由。中学、高校、一般は黒色ペン字(黒色サインペン、ボールペンも可)。小・中・高校は本文のあとに、学年、氏名を書く。幼年・一般は氏名を書く。

    ▽幼年「あけましておめでとう」

    ▽小1「しんねんおめでとうございます 一月一日」

    ▽小2「明けましておめでとうございます 一月一日」

    ▽小3「新年おめでとうございます 一月一日」

    ▽小4「初春のお喜びを申し上げます 一月一日」

    ▽小5「二〇一六年の新春をお祝い申し上げます 一月一日」

    ▽小6「賀春 ことしも何卒よろしくおみちびきください 一月一日」

    ▽中学「謹賀新年 昨年はいろいろお世話になりました 今年もよろしくおねがいします 一月一日」

    ▽高校・一般「頌春 新しい年を迎え皆々様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます 申年 元旦」「頌春 つつしんで初春のお喜びを申し上げます 申年 元旦」

     【用紙】毛筆は長半紙(縦60センチ、横20センチ)で紙質は自由。硬筆は郵便はがきと同型模造紙(毛、硬筆用紙は一休園▽吉本愛墨園▽松広印刷でも用意)。

     【フセン】作品の裏側右下に学校、学年、氏名を明記した所定の作品票をつける。

     【出品料】毛筆、硬筆とも一般1点600円、それ以外は1点500円。

     【受け付け】〒737−0903 呉市焼山西1の2の3、福島佐苑宅(0823・33・6680)へ郵送(出品料は現金書留)を厳守。

     【受付期間】2016年1月5〜11日必着。

     【賞】最優秀学校賞、最優秀団体賞、優秀学校賞、優秀団体賞、特別賞(毎日書き初め大賞、知事賞、県議会議長賞、毎日新聞社賞、毎日小学生新聞賞、呉市長賞、竹原市長賞など)を予定。

     【審査員】審査長=福島佐苑・毎日書道展審査会員ら。

     【発表】2016年1月下旬の毎日新聞広島面。

     【展示会】1月31日(日)〜2月7日(日)、呉市宝町の呉中央桟橋ターミナル2階待合室。

     【表彰式】1月31日(日)午後1時、ビュー・ポートくれ(呉市中通1)。

     主催 毎日新聞広島支局

     後援 県、呉市など

     協賛 広島筆センター「一休園」、菊寿堂、吉本愛墨園

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 伊勢志摩サミット これが首脳記した記帳 伊勢神宮公開
    2. 米大統領広島訪問 「核兵器のない世界追求」オバマ氏訴え
    3. 米大統領広島訪問 オバマ氏、4羽の折り鶴 その思いは…
    4. 女子大生刺傷 さらに滋賀の女性が県警にトラブル相談
    5. AV強要 「芸能活動、実は…」被害女性が実態語る

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]