メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保関連法

三重県議会が「廃止」意見書可決…全国2例目

 三重県議会は21日、9月に成立した安全保障関連法について「各界から憲法違反の指摘があり、国民の理解も十分に得られていない」として、廃止または再検討を求める意見書を賛成多数で可決した。全国都道府県議会議長会によると、都道府県議会で同様の意見書が可決されたのは、岩手県議会に続いて2例目という。

     意見書は民主党系の県議会最大会派「新政みえ」が中心となり提案。「慎重審議を求める意見書が地方議会から相次いで提出されたにもかかわらず、成立したことは遺憾」などと指摘している。採決では自民、公明両党は反対した。

     三重県議会は関連法成立前の6月にも、法案の慎重審議を求める意見書を可決していた。【永野航太】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 大杉漣さん66歳=俳優
    2. ORICON NEWS ビートたけし、大杉漣さん急死にぼう然 東国原氏が様子伝える「全ての動きが止まっていた」
    3. Features・平昌の主役たち Vol.13 スピードスケート女子団体追い抜き 高木菜那・高木美帆
    4. 大杉漣さん死去 ドラマのロケ後、ホテルで不調訴え病院に
    5. 五輪スケート 高木姉妹、嫉妬も愛も 抜き抜かれし頂点に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]