メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

妖怪ウォッチ

週末の動員数で「スター・ウォーズ」上回る

(C)LEVEL-5/映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2015

 人気映画「スター・ウォーズ」(SW)シリーズ最新作「フォースの覚醒」を、「妖怪ウォッチ」の新作映画「エンマ大王と5つの物語だニャン!」が公開週末の観客動員数で上回ったことが分かった。興行通信社の調べで、「SW」が19、20両日で80万258人を動員したのに対し、「妖怪」は97万4557人。子どもに人気の入場者特典「妖怪メダル」が付き、家族連れの割合が高いことなどが影響したとみられる。

 「SW」は18日から370館958スクリーンで、「妖怪」は19日から359館434スクリーンでそれぞれ公開された。昨年に続く2作目で、連続で前売り券販売100万枚超を達成し、根強い人気を見せていた。

 一方、SWの興行収入は19〜20日で計約12億5000万円と、子ども料金の多い「妖怪」の約10億6000万円を上回った。【最上聡】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. 老老介護 低所得ほど長時間 国立長寿医療研調査、情報不足や孤立の恐れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです