メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FIFA

会長とプラティニ副会長を処分 8年間活動停止

 国際サッカー連盟(FIFA)倫理委員会は21日、高額の金銭授受のため90日間の暫定活動停止処分となっていたゼップ・ブラッター会長(79)と、ミシェル・プラティニ副会長(60)にそれぞれ8年間の活動停止処分と罰金を科したと発表した。元幹部らによる汚職事件を受け辞任表明したブラッター氏にとっては「永久追放」に等しい厳罰。プラティニ氏も来年2月の会長選に出馬できなくなり、重い処分となった。

 ブラッター氏は2011年2月、FIFAの資金からプラティニ氏に職務報酬として200万スイスフラン(…

この記事は有料記事です。

残り1074文字(全文1318文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  2. くらしナビ・ライフスタイル 口腔がん 進行前に発見を
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ、口腔がん公表 ステージ4の告知「私は負けない!」
  4. がん・ステージ4からの眺め 食べて寝るだけで貴い
  5. トランプ氏ノーベル平和賞推薦 米から依頼 野党「恥ずかしい」と首相批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです