メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

神社仏閣の消滅危機 鵜飼秀徳氏

僧侶の胆力、試練の時 浄土宗僧侶・鵜飼秀徳氏

 年末年始、日本人は日ごろの信心とはかかわらず、神社仏閣へと足を運ぶ。この国に住む人たちが先祖から受け継いできた「心のかたち」であろう。しかし、その神社仏閣が今、少子高齢化や過疎化の影響で大きな危機にひんしている。著書「寺院消滅〜失われる『地方』と『宗教』〜」(日経BP社)で仏教界の現況をリポートした僧侶、鵜飼秀徳氏(41)に聞いた。【聞き手・森忠彦】

−−寺院の現状に関心を持ったきっかけは?

この記事は有料記事です。

残り2362文字(全文2581文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  2. 富士通 早期退職に2850人
  3. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです