メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「2次会は会社業務の延長」セクハラ認定

福岡トヨペットと男性社員に計33万円を支払い命令

 新入社員歓迎会の2次会で「男性社員からセクハラを受けた」として、福岡トヨペット(福岡市博多区)の派遣社員だった20代の女性が、同社と男性社員に計約120万円の損害賠償を求めた訴訟で、福岡地裁は22日、同社と男性社員に計約33万円を支払うよう命じた。山中洋美(ひろみ)裁判官は「2次会は会社の業務の延長だった」との判断を示し、会社の使用者責任を認めた。

     判決によると、女性は昨年7月から同社の販売店で勤務。翌月、新入社員の歓迎会の2次会が福岡市内のスナックであり、女性がカラオケを歌っている際、男性社員が太ももを抱きかかえて持ち上げ、同僚の前でスカートがずり上がった。

     山中裁判官は「女性の性的羞恥心を害する行為であったことは明らか」と指摘。2次会も「職務と密接な関連性がある」と判断した。

     福岡トヨペットは「被害者の女性に深くおわび申しあげます。今後は社内での再発防止に努めてまいります」とコメントした。【鈴木一生】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 母子死亡 予備タイヤ落下か 広島の会社、現場にチェーン
    2. 台風21号 列島大雨に 「特別警報」の可能性
    3. 台風21号 西日本、東日本大荒れに 23日朝本州上陸も
    4. 衆院選 党首の訴え、響いたか アキバ、首相に声援と批判
    5. 衆院選2017 各党 選挙公約(その1)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]