メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社説

新国立競技場 やっと出発点に立てた

 整備計画が白紙撤回された新国立競技場が明治神宮外苑という緑豊かな周辺環境に配慮した「木と緑のスタジアム」として整備されることになった。迷走した競技場建設は2020年東京五輪・パラリンピックに向け、ようやく出発点に立った。

 コスト削減と工期短縮に重点を置いた審査を経て採用されたのは歌舞伎座を設計したことでも知られる建築家の隈研吾氏と大成建設、梓設計のグループが提出した設計・施工案だ。観客の見やすさを重視した3層構造のスタンドで、屋根は木材と鉄骨を組み合わせた。ひさしは法隆寺の五重塔の垂木を想起させるなど「日本らしさ」をちりばめたデザインになっている。風致地区に指定されている神宮外苑にふさわしいスタジアムとなることを期待したい。

 総工費は1490億円。来年12月に着工し、19年11月末の完成を目指す。翌年の本番を想定したテスト…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
  2. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  3. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  4. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです