メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津軽双花

/99=葉室麟 中川学・画

七(13)

 寛永八年(一六三一)春、津軽信枚の嫡男信義(平蔵)が異母弟の信英(のぶふさ)(万吉)とともに江戸城で将軍徳川家光に拝謁した。

 この年、一月、信枚が四十六歳の若さで病没した。

 このため信義が家督を継ぐことになったのだ。信義は十三歳、信英は十二歳である。

 家督を継いで初のお目見えとなる信義は烏帽子(えぼし)、直垂(ひたたれ)姿で緊張しながらも、

「ご尊顔を拝し奉り、恐悦至極にございます」

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文840文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 関東大震災 体験談伝える 地割れ、津波…「怖さ忘れない」 /神奈川

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです