メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くろばね朝市

27日最後に休止 再開願い、楽しもう 水戸協同病院の病棟建設で /茨城

住民の交流の場になっているくろばね朝市=水戸市宮町で

 水戸市中心部で毎月第4日曜日に開催されてきた「くろばね朝市」が、27日を最後に休止される。会場の水戸協同病院駐車場(同市宮町3)が新病棟建設工事で使えなくなるため。参加者からは「中心部からにぎやかな声が消えるのは寂しい」と惜しむ声が上がっている。【玉腰美那子】

 朝市はJR水戸駅から北西約600メートルの「くろばね通り」周辺36商店で構成する「くろばね商店会」が2003年10月、中心街の活性化を目指してスタート。焼き鳥や焼きそばなどの飲食店のほか、県畜連の肉の直売や同病院の無料健康診断など商店会以外のブースも並ぶ。飲食スペースは住民らが酒を酌み交わして交流を深める場となっており、普段は静かな日曜日が様変わりする。

 病院は老朽化が進み、東日本大震災では現在の病棟の壁や天井の一部が崩れた。このため朝市会場にもなって…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです