メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

消費税の軽減税率論議=大久保渉(政治部)

記者会見で斉藤鉄夫公明党税調会長(左)の発言を聞く宮沢洋一自民党税調会長。自民党税調は大幅譲歩を余儀なくされた=国会内で16日、藤井太郎撮影

「税は理屈」の原則崩壊

 消費税の軽減税率を巡る与党協議を取材した。税制は自民党税制調査会が決定するという慣例を破り、公明党との協力を優先する首相官邸が1兆円規模の実施という結論を下したが、財源の手当てはこれからだ。深刻なのは、税制論議を主導してきた自民党税調と財務省の迷走ぶりだ。安倍政権の経済政策が暴走した時、歯止め役が不在になるのではないかと危惧している。

この記事は有料記事です。

残り1637文字(全文1817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  2. わいせつ行為 児童9人に 小学教諭を懲戒免職に 県教委 /長崎
  3. 競馬・藤田菜七子はG1制覇ならず5着 フェブラリーステークス
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです