メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK大河ドラマ

「花燃ゆ」終了 不完全燃焼、ご当地も

観光PRに3億円超→舞台にならず 山口・防府

銅像計画、寄付不足 前橋

 今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」に登場した、ヒロインの再婚相手で初代群馬県令(知事)の楫取素彦(かとりもとひこ)らの銅像を建てようという前橋市の計画が、寄付金不足でピンチに陥っている。楫取が晩年過ごした山口県防府市では、開設した「大河ドラマ館」の来場者が振るわない。過去最低に終わった視聴率もあいまって、ドラマにあやかろうとした観光PR作戦は不完全燃焼のまま終わろうとしている。

 山口県萩市出身の楫取は1876(明治9)年に群馬県令となり、富岡製糸場の発展に尽くしたとされる。妻…

この記事は有料記事です。

残り765文字(全文1039文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  3. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  4. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  5. 合成麻薬、大麻所持の疑いで中3女子逮捕 「ネット通じ購入」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです