メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MRJ

主翼、強度不足 納入1年延期を発表

記者会見でMRJの納入延期を説明する三菱航空機の森本浩通社長(手前)と岸信夫副社長=愛知県春日井市で2015年12月24日午後4時4分、木葉健二撮影

 国産初の小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を開発する三菱航空機は24日、2017年4〜6月としていた初納入を1年程度先送りし、18年半ばとすることを発表した。主翼の強度不足が判明したためで、納期延期は4度目。新規受注に影響しかねず、開発計画の緻密な管理がより問われそうだ。

 「我々の想定に甘いところはあった」。開発責任者である三菱航空機の岸信夫副社長は24日の記者会見でこう語った。「YS11」以来、半世紀ぶりとなる国産旅客機の開発の難しさを改めて示した。

 同社によると、国土交通省から安全性の証明を得る上で主翼の強度が不足していることが分かった。全体の計…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1085文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 大阪府警 手帳示し「捜査だ」JRに不正乗車の巡査長処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです