メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

数字は証言する

/2 弱肉強食の離島部隊

 1942年8月に始まったガダルカナル島をめぐる攻防戦は翌年2月の日本軍の撤退により、幕を閉じた。米軍は戦略的に重要ではないと判断した島について、包囲するにとどめる「飛び石作戦」を展開。点々とばらまかれていた日本軍守備隊に対し、制海・制空権を失っていった大本営は補給困難に陥り、自活自戦を命じた。

 そうした太平洋の離島守備隊の食糧保有量について、大本営海軍部は1944年10月7日付で調査を実施する。前線将兵の境遇を心配したという昭和天皇の意向によるものだったが、天皇の危惧は的中した。連合艦隊の根拠地だったトラック島でさえ、保有量は半年分余り。しかも、4割の減食を実施し…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文715文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです