メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

子どもには夢を!! 「サンタが100人やってきた!」 被災地に笑顔届ける 遠野のNPOが企画 /岩手

サンタクロース姿のボランティアからプレゼントをもらい大喜びの親子=釜石市鵜住居町の同町仮設団地で

 東日本大震災の被災地を支援する遠野市のNPO「遠野まごころネット」(臼沢良一理事長)による企画「サンタが100人やってきた!」が23〜25日、沿岸被災地であった。25日も、サンタクロースやトナカイ姿のボランティア約100人がプレゼントのお菓子を釜石市の仮設住宅などで配り、被災者らに笑顔を届けた。

 イベントのきっかけは、震災直後の2011年3月下旬、津波で母を亡くし、陸前高田市の避難所にいた女児(6)の言葉だった。「冬になったらサンタさん来てくれるかな。おうち、なくなっちゃったけど、サンタさん、プレゼントを持って帰ってしまわないように言っておいて…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです