メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・走る

みんなの初めてラン♪〜プロが教える走りの秘密〜 鎮痛剤ラン、やめよう 腎不全の危険高まる /東京

ドクターランナーとして大会に参加する奥井先生

 今季も幾つかの大会に参加したランナーが多いと思うが、本番までの調整がうまくいけばいいものの、無理がたたってけがによる痛みを抱えながら臨まなければならない人もいると思う。それでも記録や完走を狙おうと、奥の手として痛み止めを飲んで走るケースが見受けられるが、大変危険な行為とドクターは警鐘を鳴らす。

 マラソン大会中にけがをしたり、病気になったりした参加者を助けるドクターランナーとして、各地の大会に献身的に参加する神奈川県横須賀市の泌尿器科クリニック院長、奥井識仁先生(50)は、ライフワークとして「ホルモンと走り」についての研究を続けており、ランニングやウオーキングに関する著書も多い。

 そんな奥井先生が、ランナーの様子を見ながらコースを走っているときに違和感を覚えるのは、給水所などで…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1611文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]