メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We・走る

みんなの初めてラン♪〜プロが教える走りの秘密〜 鎮痛剤ラン、やめよう 腎不全の危険高まる /東京

ドクターランナーとして大会に参加する奥井先生

 今季も幾つかの大会に参加したランナーが多いと思うが、本番までの調整がうまくいけばいいものの、無理がたたってけがによる痛みを抱えながら臨まなければならない人もいると思う。それでも記録や完走を狙おうと、奥の手として痛み止めを飲んで走るケースが見受けられるが、大変危険な行為とドクターは警鐘を鳴らす。

 マラソン大会中にけがをしたり、病気になったりした参加者を助けるドクターランナーとして、各地の大会に献身的に参加する神奈川県横須賀市の泌尿器科クリニック院長、奥井識仁先生(50)は、ライフワークとして「ホルモンと走り」についての研究を続けており、ランニングやウオーキングに関する著書も多い。

 そんな奥井先生が、ランナーの様子を見ながらコースを走っているときに違和感を覚えるのは、給水所などで…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
  2. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  3. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に
  4. 質問なるほドリ パーキンソン病って何? 脳の指令伝わらず震え 国内に約16万人=回答・荒木涼子
  5. 沢田研二ドタキャン 空席に不満、自身で決定「責任僕にある」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです