メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

2015ワイド 肉親の死に直面 喪失感癒やすケア大切 /静岡

 肉親の死にはどんな意味があるのだろう。失った途端、突如いとしく感じるのはなぜだろう。一年を通して、身近な人の死が残された家族の心と体に大きな負担を残すことがあることを身をもって知った。

 私(26)は今年5月10日、父(享年61)を膵臓(すいぞう)がんで亡くした。父は3月下旬までは元気そのもので、毎日、散歩に出かけたり、自転車で近所を散策したりしていた。父は告知から約2週間で他界した。

 時間が流れても悔しさや悲しみは消えなかった。「何でもっと生きてくれなかったんだ」。怒りにも似た感情…

この記事は有料記事です。

残り568文字(全文812文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に
  2. 大西議員発言 名誉毀損認めず 高須クリニック側敗訴
  3. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  4. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
  5. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]