メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手仕事の里へ

宮島杓子(広島県廿日市市) 使い込むほど手になじみ

しゃもじをやすりにかけて磨く藤井佐武郎さん=広島県廿日市市で、中本泰代撮影

 <CULTURE>

 広島県廿日市市の宮島口からフェリーで10分、宮島へ。取材に訪れた日は秋晴れで、世界遺産・厳島神社の参道は観光客でいっぱいだ。土産物店の店先では、「家内安全」「合格」「必勝」などの文字が入った大きなしゃもじが目を引くが、そばには実用的なしゃもじも控えめに並ぶ。

 名産品「宮島杓子(しゃくし)」の歴史は、18世紀末に始まる。村上誓真(せいしん)(誓真さん)という僧侶が「島民に産業を」と考案し、作り方を指導したとされる。土産物として定着し、明治に入ると問屋によって大阪にもたらされ評判になった。さらに日清・日露戦争の頃には、対岸の宇品港から出征する兵士たちが厳島神社に戦勝祈願に訪れ、「敵を召し取る(=飯とる)」縁起物として買って帰り、全国に広めたという。

 さて、目指す「宮島工芸製作所」は、にぎやかな参道から脇道をしばらく行ったところにあった。迎えてくれ…

この記事は有料記事です。

残り1304文字(全文1691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  3. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  4. JT 加熱式など全150銘柄 10月にたばこ値上げへ
  5. 2歳児不明 150人態勢で捜索再開 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです