メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミャンマー難民

来日20年「忘れえぬ祖国」永住帰国決断

離日を前に身を寄せた娘の自宅で、ミャンマーに持ち帰るスーツケースを広げ、笑顔を見せるティンウィンさん=横浜市栄区で2015年12月16日、小川昌宏撮影

群馬・太田で暮らしたティンウィンさん 民主化に期待寄せ

 祖国ミャンマーの民主化に期待を寄せ、日本で約20年間を過ごした難民男性が妻と共に永住帰国を決断した。群馬県太田市で暮らしたティンウィンさん(61)はかつて、アウンサンスーチー氏(70)率いる「国民民主連盟(NLD)」で要職を務め、来日後も民主化要求活動を続けた。1月5日の離日を前に「日本での経験を母国の仲間に伝えたい」と胸を高鳴らせている。

 ティンウィンさんは、ミャンマー中部の裕福な商家に生まれた。学生時代から民主化運動に参加し、NLD時…

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1131文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  3. J1神戸 ポドルスキ暴言問題に無言…進展なしもインスタ更新(スポニチ)
  4. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです