メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新電力

顧客獲得本格化 家庭向け料金続々 来春自由化

経産省に登録を済ませた主な事業者

 来年4月の電力小売り全面自由化を控えて、新規参入事業者(新電力)による顧客獲得の動きが本格化してきた。25日までに東京ガスや大阪ガスが一般家庭向けの料金メニューを発表。年明けから、消費者が電力の契約先を変更する事前受け付けが可能になるため、大手電力より割安な価格をアピールする動きは相次ぎそうだ。ただ、値下げは電気使用量の多い利用者にとどまる可能性もある。

 「他社より早く営業を仕掛け、顧客を獲得したい」。24日に家庭向け電気料金を発表し、競争の火ぶたを切…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文958文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 川越東、接戦制す 4強出そろう 上尾も早大本庄降す /埼玉
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 夏の高校野球 準決勝展望 北福岡大会あす、南福岡大会22日 /福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]