メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新電力

顧客獲得本格化 家庭向け料金続々 来春自由化

経産省に登録を済ませた主な事業者

 来年4月の電力小売り全面自由化を控えて、新規参入事業者(新電力)による顧客獲得の動きが本格化してきた。25日までに東京ガスや大阪ガスが一般家庭向けの料金メニューを発表。年明けから、消費者が電力の契約先を変更する事前受け付けが可能になるため、大手電力より割安な価格をアピールする動きは相次ぎそうだ。ただ、値下げは電気使用量の多い利用者にとどまる可能性もある。

 「他社より早く営業を仕掛け、顧客を獲得したい」。24日に家庭向け電気料金を発表し、競争の火ぶたを切…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文958文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです