メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラオックス不法雇用

爆買い火付け役 利益優先のツケ

中国人留学生を不法に雇っていたとされるラオックス大阪道頓堀店の看板=大阪市中央区で2015年12月25日午後5時28分、宮武祐希撮影

 中国人観光客による「爆買い」ブームの火付け役と言われる総合免税店「ラオックス」が、業績拡大の一環で中国人留学生を不法に雇ったとして大阪府警に摘発された。今年のユーキャン新語・流行語大賞の年間大賞に選ばれた「爆買い」。書類送検された羅怡文(ら・いぶん)社長(52)は東京都内で今月1日にあった授賞式に出席し、「爆買いは世界の消費者に日本商品が愛されているからこそ」と笑顔であいさつしていた。

 事件の舞台は、中国人観光客がひしめく大阪・ミナミの4店舗。逮捕された大阪道頓堀店の前店長(50)は…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1034文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  3. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  4. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  5. 第91回センバツ開会式始まる あこがれの聖地を球児らが次々と行進

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです