メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

ハンセン病と生きた70年(その1) 「犬死にするな」胸に

両親の墓参りをする藤田三四郎さん=茨城県内で、佐藤泰則撮影(一部画像を加工しています)

 小春日和の師走7日。水戸市近郊の湖沼を望む高台で、藤田三四郎さん(89)は両親と兄妹が眠る墓に手を合わせた。ハンセン病と診断されたのは戦闘機の整備兵だった1945年春。罹患(りかん)を理由に除隊させられ、「非国民」呼ばわりされて強制収容された。以来70年間を群馬県草津町の国立療養所「栗生楽泉園(くりうらくせんえん)」で暮らす。偏見の目から親族を守るため、今も本名を伏せて「藤田三四郎」で生きている。

 治安維持法制定の翌26年2月、半農半漁の10人兄妹の次男に生まれた。「勉強が嫌いで通信簿は乙ばかり…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです