メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

生産減少額、牛肉が最大 米価は維持、輸出拡大課題

 政府は、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で農林水産業の生産額が最大で約2100億円減ると試算した。主な品目の影響を解説する。【松倉佑輔】

コメ

 コメは、米国と豪州に最大で計約7・8万トンの無関税枠を新設する。このため需給が緩み、国産米の価格が下がるという不安の声が出ている。

 政府は輸入増加分と同量の主食用米を市場から備蓄米として買い入れる方針を既に表明。このため、TPPによる価格や生産量への影響は生じないと試算した。

 ただ、コメの国内消費量は毎年約8万トンのペースで減り続けており、政府が多額の補助金を出すことで飼料…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 核兵器廃絶 吉永小百合さん「核兵器のこと考えて」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです