メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

津軽双花

/102=葉室麟 中川学・画

七(16)

 直秀は語り続けた。

「母上と大舘御前様の生き方はまことに見事でございました。わたしも母上の子であるからには、かくあらねばならぬと思ったのです。福島家再興の謀(はかりごと)がどのようになるかはまだわかりませぬ。しかし、もし、もしも止め難いようであれば、わたしが一身を以(もっ)て防ぎます。主家のため死するを恐れぬは武士の本分でございます。母上はさように教えてくださったではありませんか。わたしは母上が誇れる息子でありたいと存じます」

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文820文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]