メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浅見光彦シリーズ

その漫画…背景画は受刑者の苦労作

受刑者を指導する苑場さん=山口県美祢市の美祢社会復帰促進センターで2015年12月17日午前10時36分、蓬田正志撮影

 山口県美祢(みね)市にある警備や職業訓練を民間委託している刑務所「美祢社会復帰促進センター」の男性受刑者約20人が背景を作画した漫画が、2015年11月下旬に発売された。法務省によると、受刑者が製作に関わった漫画の発刊は初めて。ボランティアで作画指導した美祢市出身の漫画家、苑場凌(そのば・りょう)さん(54)は「更生に役立てればうれしい」と喜び、今後も交流を続けるという。【蓬田正志】

 漫画は内田康夫さん原作の推理小説・浅見光彦シリーズ「汚れちまった道」のコミック版(税抜き574円、…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1293文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 東京地裁 目黒女性殺害、被告が殺人罪否認、遺棄は認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです