メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

池袋で大通りに停車中の観光バス炎上 現場騒然

炎上した観光バス=東京都豊島区池袋で2015年12月28日午前9時59分、本社ヘリから

 28日午前8時45分ごろ、東京都豊島区池袋2の路上に停車中の観光バスから出火した。約20分後にほぼ消し止められたが、車体から激しく炎や煙が立ち上るなどし、現場は一時騒然となった。けが人はなかった。

 警視庁池袋署などによると、バスは観光客を乗せて伊香保温泉(群馬県渋川市)に向かう予定だった。出火当時は出発前で乗客は乗っておらず、車内には男性運転手しかいなかった。運転手は「運転席後部の天井の蛍光灯から火花が出ているのを目撃した」と話しているといい、同署などが出火原因を調べている。

 出火当時、現場付近にいた自営業の男性(67)は「火の勢いがすごく、ガラスが飛び散っていた。煙はビルの屋上ぐらいまで高く届き、車の前部から後部へ燃え広がっていった」と話した。現場はJR池袋駅西口から北西約700メートルの大通りで、沿道にビルや商店が建ち並ぶ地域。【宮崎隆、深津誠】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 熊本地震 不服申し立て6000件超す 罹災証明書巡り
  2. 盲導犬 「汚れる」と乗車拒否 運輸局、タクシー会社処分
  3. 宮藤官九郎 ゆとり世代は脅威 「自分たちには未来がない」
  4. 交通事故 軽乗用車とバイク衝突 4人死亡 群馬・太田
  5. 熊本地震 新耐震基準でも全壊 施工不良など多く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]