メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たき火

お猿さん う〜さむ…焼きイモあちち

たき火の前で気持ちよさそうに暖をとるヤクニホンザル=2015年12月20日、兵藤公治撮影

 愛知県犬山市の日本モンキーセンターで、たき火で暖をとるヤクニホンザルの姿が来場者の人気を集めている。

     たき火にあたるサルは同センターの師走の風物詩。伊勢湾台風があった1959年、職員が暖をとるために倒木を燃やしていたところ、好奇心旺盛な子ザルが集まり、それを見た親ザルたちもまねをしたのが始まり。職員がたき火を始めると、約150頭のサルたちが次々と火を囲み、手をかざしたり、背中を暖めたりした。たき火の中で焼かれた熱々のイモが与えられると、池の水で冷やしてからおいしそうにほおばった。

     たき火は来年2月末までの土日祝日に、12月31日から1月11日までは毎日開催される。【兵藤公治】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
    2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
    3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
    4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
    5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]