メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たき火

お猿さん う〜さむ…焼きイモあちち

たき火の前で気持ちよさそうに暖をとるヤクニホンザル=2015年12月20日、兵藤公治撮影

 愛知県犬山市の日本モンキーセンターで、たき火で暖をとるヤクニホンザルの姿が来場者の人気を集めている。

     たき火にあたるサルは同センターの師走の風物詩。伊勢湾台風があった1959年、職員が暖をとるために倒木を燃やしていたところ、好奇心旺盛な子ザルが集まり、それを見た親ザルたちもまねをしたのが始まり。職員がたき火を始めると、約150頭のサルたちが次々と火を囲み、手をかざしたり、背中を暖めたりした。たき火の中で焼かれた熱々のイモが与えられると、池の水で冷やしてからおいしそうにほおばった。

     たき火は来年2月末までの土日祝日に、12月31日から1月11日までは毎日開催される。【兵藤公治】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    2. JR山田線 最終列車見送る駅長 きょうから5駅で無人化
    3. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
    4. あおり運転 医師逮捕 バイク転ばす、容疑否認 神奈川・伊勢原
    5. みんなの広場 「原爆落ちろ」叫んだあなたへ=高校生・新貝彩菜・18

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]