メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知りたいTPP

地域ブランド保護 地理的表示「GI」相互に認証

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)では、農産品や加工品などの「地域ブランド」を政府が登録し、保護する地理的表示(GI)の基本的なルールも設けられた。日本で登録された地域ブランドが海外でも保護されることが期待され、農産品などの輸出拡大にもつながりそうだ。

 GIは、農産品などの品質や評価が、地域の気候や歴史と密接に結びついている場合、知的財産としてその名称を保護する制度。現在は世界100カ国以上で取り入れられている。欧州連合(EU)が先行しており、シャンパンやパルマハム、ゴルゴンゾーラチーズなど幅広い農産品の名称が保護されている。

 TPPでは、参加国が他国の産品のGIを保護する場合に必要となる基本ルールについて定めた。具体的には…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文726文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです