メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

@大学 「中根」の目・データが語る 女性研究者採択比率1位 埼玉県立大

 「女性活躍推進法」が8月に成立するなど、政府は社会での女性の登用増に力を入れるが、うまくいっていない。では、大学ではどうか。科学研究費補助金(科研費)から、採択事業で女性研究者の比率が高い大学を見てみた。

 上位には医療・福祉系や教育系、デザイン系などの学部を持つ大学が並ぶ。トップの埼玉県立大は保健医療福祉学部のみの単科大。女子学生比率が高く全体の約8割、教員も159人中94人が女性と全体の約6割を占める。2位の武庫川女子大は文学部や薬学部、看護学部、生活環境学部など6学部を持ち、国内の女子大では最多の1万人の学生が学ぶ。

 東大や京大など科研費の採択件数1000件以上の大学を見ると、比率は軒並み10%台にとどまり、まだま…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです