メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上州路からリオへ

元日号砲・ニューイヤー駅伝/中 今井正人(31)=トヨタ自動車九州

今年2月の東京マラソンで日本人トップの7位に入り、ガッツポーズする今井=山本晋撮影

病魔に負けぬ「山の神」 今井正人(いまい・まさと)(31)

 世界選手権北京大会男子マラソンを髄膜炎で欠場した悪夢の夏から約5カ月、着実に復活への歩みを進めている。11月29日に熊本県で開かれた甲佐10マイル(約16キロ)で実戦復帰すると、46分36秒で日本人3位と回復をアピール。元旦へ向けて「体調、集中力とも上がって、7割くらい。元気な姿を全国の皆さんに見せたい」と表情は明るい。

 病魔が襲ったのは、初めての世界選手権開幕まで1カ月を切った7月末だった。北海道で合宿中、突然、目が…

この記事は有料記事です。

残り613文字(全文854文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. ORICON NEWS 『銀魂』9月15日発売の『週刊少年ジャンプ』で完結 作者の初連載作品15年の歴史に幕
  4. 競泳 二枚看板沈む 萩野銀、瀬戸銅 400個人メドレー
  5. 夏の高校野球 秋田県内が「金農フィーバー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです