メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・学ぶ

奈良の「お宝」発見し映像に 「なら国際映画祭」のワークショップ 同志社国際学院初等部が挑戦

奈良の街並みを歩きながら撮影のネタを集めた同志社国際学院初等部の子どもたち=奈良市で、三野雅弘撮影

 同志社国際学院初等部(京都府木津川市)の5年生が、奈良の街を歩いて映像制作するユニークなワークショップに取り組んでいます。指導するのは、映画監督の河瀬直美さんが理事長を務めるNPO法人「なら国際映画祭実行委員会」(奈良市)。河瀬さんは「たくさんの知らなかったことに気付き、その時の気持ちを映像や写真に込めてね」と話しています。【三野雅弘】

この記事は有料記事です。

残り2127文字(全文2297文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです